ロゴ
HOME>特集>ロールスクリーンでオシャレな部屋を演出!【魅力について知ろう】

ロールスクリーンでオシャレな部屋を演出!【魅力について知ろう】

ロールカーテン

ロールスクリーンの役割

カーテンやブラインドに代わって売れてきているのがロールスクリーンです。布地を上部のロールから垂らして使うもので、使用しないときはロールに巻き取れるためお部屋がスッキリするという特徴があります。その役割はカーテンと同様、外からの光を遮ったり、室内を表に見せなかったりといったものです。透け感のないロールスクリーンなら完全に光を遮ることができるので、プライバシーを守りたいときにも役立ちます。カーテンやブラインドと違って、表面が平坦なのはこの商品ならではの特徴です。室内をスッキリとした印象に仕上げたいときに役立ちます。遮蔽物としての効果が高いため、室内を区切る間仕切りや目隠しとしても使うことができます。取り付けも上部を固定するだけと簡単で、一人暮らしにも適したアイテムです。

ロールカーテン

部屋の雰囲気に合わせて選べる

フラットな布地から作られているロールスクリーンは、カーテンなどと比べるとデザイン性に優れているという特徴があります。カーテンがどちらかと言うとふんわりとした見た目であるのに対し、ロールスクリーンにはビビッドな色使いのものがたくさんあります。そのため室内の雰囲気を大きく変えたいときにおすすめのアイテムです。こうしたデザイン性を活かして、和風柄をプリントしたロールスクリーンも発売されています。麻やすだれ調のファブリックを採用したものなら、手軽にアジアンテイストな空間づくりが実現します。和紙を使った製品も開発されており、竹ひごを格子状に張り巡らせた作りはまるで障子のような外観です。和室の雰囲気を取り入れたいときや、部屋を均一に明るくしたいときに選ぶと良いでしょう。